コンテンツ

水位が下降していくトイレのつまりでは放置する場合もあります

トイレのつまりでも水のトラブルによっては自然と解消できる場合もあります。一度限界まで水を入れてから放置し、下がっていく水位を見てから自分の手でつまりを解消するか、水道業者にお願いするべきか確認してみるのも一つの手段です。

■水が流れている場合

時間がかかるけれども少しずつ水位が減る場合、一時的に排水が悪い状態だと言えます。異物を落としたなど思い当たる理由がなく、一度に多くのものを流した場合などに起こりやすい現象です。この場合は水の代わりにぬるま湯を流し入れて徐々にふやかしていく方法をとります。
つまったものを除去することで、排水の流れを改善していきます。放置しておいて少しずつでも水位が元に戻るのであれば大きな問題とは言えません。大抵はトイレットペーパーが絡まってつまっています。つまりの元をふやかしたあとは、引っかかっているものを除去するとすぐに元のように流れていきます。ただし、水位が下がらずに溢れそうな状況になっている場合は、早急な対処が必要になります。

■水位が下がったまま上がらない場合、または水位が下がらない場合

トイレの水位が下がったまま、上がらない状態になることもあります。代表的な例として、トイレットペーパーがつまってしまい水が流れにくくなっている場合があります。この場合はラバーカップを使用して、原因となっているつまりを引き出して、つまりを解消する必要があります。引き抜いたゴミの類はその場で水に流さず、きっちりと袋に包んでゴミとして出す必要があります。
小さなものや水を通すものがつまっていた場合には便器の水位が下がって異常を知らせてくれますが、水を通さない大きい物体が便器を塞いでいた場合が逆に便器から汚水が溢れてしまいます。この場合はラバーカップを無闇に使おうとすると引き抜く際の勢いで汚水が溢れ出る可能性があります。まずはポンプなどで汚水をバケツなどに移して水位を下げることを考えましょう。そしてつまりを排除するのですが、つまりの原因が便器の奥にある場合には、素人の手には負えなくなってしまっていますので早めに業者への依頼をおすすめします。

■まとめ
このように、個人で対処できるトイレのつまりというのはごく一部です。特に水位が上昇している場合には、むやみになんとかしようとせずに専門家に任せることも重要です。幸い、24時間対応してくれる修理業者は沢山あります。各社それぞれの意見を聞いて信頼できそうな会社に任せるのが最善です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ