コンテンツ

トイレのつまりは便座を取り外して直す

トイレのつまりによっては、ラバーカップを用いてもつまりが取れない場合もあります。そういうときには便座自体を床から取り外してつまりの原因であるものを引っ張り出す必要があります。通常は修理業者に任せる類のトイレのつまりですが、覚えておいても損はありませんのでもし修理業者が見つからなかったときのために覚えておくと良いでしょう。

■まずは汚水の吐き出しから

便器に物がつまった場合、まずはラバーカップによる吸引だけでなく、中にあふれている汚水を抜いてつまっているものが視認できるか確認しましょう。
まず灯油の入れ替えに使用するポンプを利用して、汚水を吸いだします。その後につまったものが目視できる場合は、クリーニングの際についてくる針金ハンガーなどを利用してつまっているものを引っ張り出します。強度的にも通常売られている針金では、引っかかっても落ちてしまうことがありますので、なるべく針金ハンガーを利用しましょう。

■汚水を取り除いても見えない場合

汚水を取り除いてもつまっているものが確認できない場合は、便器自体を分解してつまっているものを引きずり出すしかありません。まず背面のタンクに繋がっている止水弁を閉鎖してから水を流し、便器自体に溜まっている汚水を無くす必要があります。先程使用した灯油用ポンプを使用して汚水を除去したあとは、モンキーレンチによって背面のタンクを取り外します。このときにタンクに水が残っている場合がありますので、雑巾などで水を拭き取りながら柔らかいものの上にタンクを置いて破損しないようにします。タンクを外したついでに取り付けボルトに緩みがないか、パッキンが劣化していないか確かめてみると良いでしょう。
その後、便器を固定しているナットを外していきます。この時に匂いを閉じ込めている封水がなくなってしまいますのでしっかり換気を良くしておきましょう。そして便座を寝かせたあと便器の下からライトで照らしてみて引っかかっているものがないか確認しましょう、小さな手鏡などで見つかるくらい奥にある場合にはここでも針金ハンガーが役に立ちます。近年では使い捨てで流すことができるトイレブラシやシートが複数個つまっている場合がありますので注意が必要です。

■まとめ
このようにトイレのつまりを取り除くため便座を取り外しすることは非現実的とまでは行きませんが、個人の手に余る物であることは事実です。ラバーカップによる復旧がうまく行かなかった場合は、修理業者にお願いして確実に修理を行ったほうが良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ