コンテンツ

トイレのつまりによる排水管 水漏れの除去方法

排水管 水漏れの中で排水管のつまりによるトイレの水漏れというのはどんな時でもありますし、その原因もティッシュペーパーから異物など様々なものがあります。ですが排水管のつまりを除去する方法は、大体同じでつまりの深さとともに繰り返す違いはあっても原因は同じであることが少なくありません。ここではトイレのつまり全般の除去方法をまとめて説明します。

■症状改善の基本はつまりを引き抜くこと

つまりの原因はトイレに流れないティッシュペーパー、おむつやペットシートなどをトイレに流してしまったなど様々です。また異物を流していない場合でも、節水のためにトイレの貯水槽に節水グッズなどの重りを入れたせいで水の勢いが弱くなってしまった際は途中で引っ掛かり、つまりの原因となります。
まずラバーカップを使用する状況においては、便器内部に汚水が溜まっている場合が多いです。汚水などが飛び散った際に掃除を簡単にするためにも、新聞紙などを敷き詰めると言った養生をしておきましょう。ラバーカップを用いて異物を吸い出す場合、ゆっくりラバーカップの柄を押し込んで中の空気を抜いたあと勢いよく引っ張って異物を排水溝側に吸い寄せる、これに限ります。

■つまりの取り除き方と注意点

ラバーカップでつまっているを吸い出す場合、むやみに柄を上下させてはいけません。カップ内に空気が入った状態で柄を勢いよく押し込んだ場合、空気とともに異物を奥に押し込んでしまいます。その結果、むやみに押したり引いたりを繰り返すと異物がそこから動かなくなります。また、何回か異物を引っ張っていると手応えとともに異物が抜けて汚水が流れていきます。流れきらないうちにつまりの原因となったものをゴム手袋ですくい出してバケツに移しておきましょう。排水管 水漏れを起こした場合では様々な原因が考えられますが、汚水が逆流するくらいでしたら素人による処理でも十分対処できます。
しかし何度か試してみても症状が改善されない、誤って異物がさらに奥へ入り込んでしまって取り除けないというような場合はすぐに水道業者へ相談しましょう。

■まとめ
トイレから水漏れをしてしまったとしても、冷静に対応することが大切です。排水管のどこがつまりの原因かによって、業者に頼まなくても自分で対処できる場合があります。たとえ自分の手に負えない場合でも、水漏れの原因を目で見て把握できれば後に水道業者に頼む場合に、確実に原因を伝えられるようになります。まずはしっかりと観察する癖を身に着けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ